中国のインターネットサービスは、その利便性と革新性で世界中から注目を集めています。しかし、その一方で、利用者にとっていくつかの重大な危険性が存在します。以下では、中国のインターネットサービスに関連する主なリスクについて詳しく解説します。

プライバシー侵害と個人情報の収集

中国のインターネット企業は、ユーザーの個人情報を大量に収集し、それを活用してサービスを提供しています。

例えば、検索エンジンの百度(Baidu)やSNSの騰訊(Tencent)、ECの阿里巴巴(Alibaba)などの大手企業は、ユーザーの行動データを収集し、広告やサービスの最適化に利用しています1 2

これにより、ユーザーは便利なサービスを享受できますが、その代償としてプライバシーが脅かされる可能性があります。

政府による監視と規制

中国政府は、インターネットの利用を厳しく監視し、規制しています。いわゆる「グレート・ファイアウォール」により、GoogleやFacebook、Twitterなどの海外サービスは利用できず、国内のサービスに依存することになります3 4

また、政府はインターネット上の発言や行動を監視し、不適切と判断される内容は削除されるか、発信者が罰せられることがあります5

サイバーセキュリティ法によるリスク

中国のサイバーセキュリティ法は、企業や個人に対して厳しい規制を課しています。この法律に違反すると、罰金や営業許可の抹消などの厳しい処罰が科される可能性があります6

特に、データの越境移転やクラウドサービスの利用に関しては、法令に沿ったセキュリティ対策が求められます。

TikTokなどのアプリのリスク

特に注目されるのが、TikTokのような中国製アプリのリスクです。TikTokは、ユーザーの位置情報、デバイス情報、他のインストール済みアプリの詳細など、多量のデータを収集しています。このデータが中国政府に提供される可能性があるとの懸念があり、いくつかの国では政府職員のデバイスでの使用が禁止されています7 8 9

さらに、TikTokのアルゴリズムがユーザーの行動を監視し、特定のコンテンツを推奨することで、情報操作や検閲のリスクも指摘されています

おすすめ動画

まとめ

中国のインターネットサービスは、その利便性と革新性で多くのユーザーに利用されていますが、プライバシー侵害、政府による監視、無料VPNアプリのリスク、サイバーセキュリティ法による規制、そしてTikTokなどのアプリのリスクなど、さまざまな危険性が存在します。

これらのリスクを理解し、適切な対策を講じることが重要です。中国でインターネットを利用する際には、信頼性の高いVPNの利用や、個人情報の管理に注意を払うことが求められます。

参考

  1. https://www.huawei.com/jp/publications/huawave/21/hw-474833-hw_474803-449577-449579-hw_474808 ↩︎
  2. https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/041100064/101500010/ ↩︎
  3. https://china-ryugaku.com/internet/ ↩︎
  4. https://www.mobile.jalabc.com/media/information/china-travel ↩︎
  5. https://www.joytel.jp/topics/it-china/free-wifi-vpn-security/ ↩︎
  6. https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/column/awareness-cyber-security/china-data-security1.html ↩︎
  7. https://www.bbc.com/news/technology-64797355 ↩︎
  8. https://news.clearancejobs.com/2023/04/07/beyond-tiktok-why-other-chinese-apps-are-also-a-problem/ ↩︎
  9. https://www.security.org/digital-safety/is-tiktok-safe/ ↩︎