サイバー攻撃の世界には、一見単純でありながら驚くほど強力な手法が存在します。その代表格とも言えるのが、今回取り上げる「キーボードロギング」です。

キーボードロギングとは、ユーザーが入力する全てのキーストロークを密かに記録する技術です。一見すると単純な仕組みに思えるかもしれませんが、この手法によって攻撃者はパスワード、クレジットカード番号、個人情報など、ユーザーが入力するあらゆる機密データを手に入れることができます。

ソフトウェアやハードウェアを通じて実行されるキーボードロギングは、サイバー犯罪者にとって魅力的なツールとなっています。その一方で、従業員の監視や子供のインターネット利用の管理など、合法的な用途もあります。

しかし、その潜在的な危険性は看過できません。本稿では、キーボードロギングの仕組み、その脅威、そして効果的な防御策について詳しく解説していきます。デジタル時代を生きる私たちにとって、このサイレントな脅威を理解することは、サイバーセキュリティの重要な一歩となるでしょう。

キーボードロギングとは?

キーボードロギング(keylogging)は、コンピュータのキーボード入力を記録する行為を指します。キーボードを使用して入力された文字や数字を密かに記録し、その情報を第三者に送信することで、個人情報や機密情報を盗む手法です。キーボードロギングは、ハードウェアおよびソフトウェアの両方で実行されることがあります。

キーボードロギングの仕組み

キーボードロギングは、以下の2つの主要な方法で行われます。

1. ハードウェアキーロガー

ハードウェアキーロガーは、物理的なデバイスを使用してキーボード入力を記録します。これらのデバイスは、キーボードとコンピュータの間に接続され、入力されたデータを記録します。ハードウェアキーロガーは、USBポートに接続されるものや、キーボード内部に組み込まれるものがあります。これらのデバイスは、目視で確認できるため、物理的なチェックが重要です1 2

2. ソフトウェアキーロガー

ソフトウェアキーロガーは、マルウェアとしてコンピュータにインストールされ、キーボード入力を記録します。これらのソフトウェアは、ユーザーが気づかないうちにインストールされることが多く、トロイの木馬やフィッシングメールを通じて広まります。ソフトウェアキーロガーは、APIを利用してキーボード入力を傍受し、そのデータを攻撃者に送信します3 4

キーボードロギングの悪用例

キーボードロギングは、さまざまな悪意ある目的で使用されます。
以下はその一部の例です。

  • ネットバンキングのログイン情報の盗難
    キーボードロギングを使用して、ユーザーが入力するネットバンキングのIDやパスワードを盗むことができます。これにより、攻撃者はユーザーの銀行口座に不正アクセスし、資金を盗むことができます
  • クレジットカード情報の窃取
    オンラインショッピング中に入力されるクレジットカード番号や有効期限などの情報を記録し、不正利用することができます
  • 企業の機密情報の漏洩
    企業内で使用されるコンピュータにキーロガーを仕掛け、機密情報やビジネス戦略を盗むことができます。これにより、競合他社に情報が流出するリスクがあります

キーボードロギングの検出と対策

キーボードロギングを防ぐためには、以下の対策が有効です。

1. ウイルス対策ソフトの導入

ウイルス対策ソフトをインストールし、定期的にシステムスキャンを行うことで、ソフトウェアキーロガーの検出と除去が可能です。最新のウイルス定義ファイルを常に更新しておくことが重要です5

2. セキュリティキーボードの使用

セキュリティキーボードは、画面上に表示される仮想キーボードを使用して入力する方法です。これにより、物理的なキーボード入力が記録されるリスクを減少させることができます。金融機関のウェブサイトなどでよく採用されています

3. ハードウェアのチェック

定期的にコンピュータのUSBポートやキーボード接続部をチェックし、不審なデバイスが接続されていないか確認することが重要です。特に共用パソコンでは、物理的なキーロガーが設置されるリスクが高いため、注意が必要です

4. ソフトウェアの更新

OSやアプリケーションソフトウェアを最新の状態に保つことで、既知の脆弱性を悪用されるリスクを減少させることができます。特にセキュリティパッチの適用は重要です

キーボードロギングの合法的な使用

キーボードロギングは、必ずしも悪意ある目的で使用されるわけではありません。例えば、企業が従業員のコンピュータ使用状況を監視するために使用する場合や、親が子供のインターネット使用を監視するために使用する場合など、合法的かつ正当な目的で使用されることもあります。ただし、これらの場合でも、使用者の同意を得ることが重要です

まとめ

キーボードロギングは、サイバー攻撃の一種として非常に危険な手法です。個人情報や機密情報が盗まれるリスクがあるため、適切な対策を講じることが重要です。ウイルス対策ソフトの導入やセキュリティキーボードの使用、ハードウェアの定期的なチェックなどを行い、キーボードロギングから身を守りましょう。

参考

  1. https://office110.jp/security/knowledge/cyber-attack/keylogger-attack ↩︎
  2. https://www.crowdstrike.jp/cybersecurity-101/attack-types/keylogger/ ↩︎
  3. https://jp.norton.com/blog/malware/keylogger ↩︎
  4. https://www.vadesecure.com/ja/blog/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%BC%E6%94%BB%E6%92%83%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93%E3%81%A8%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E5%AF%BE%E7%AD%96 ↩︎
  5. https://licensecounter.jp/symantec/blog/detail31/ ↩︎