近年、IT環境は急速に変化しており、クラウドサービスの利用やリモートワークの普及により、従来の境界型セキュリティモデルでは対応が難しくなっています。

そこで、近年注目を集めているのが「ゼロトラスト」というセキュリティモデルです。ゼロトラストとは、社内外すべてのアクセスを信頼せず、常に検証することで、情報資産への不正アクセスを防ぐという考え方です。

本稿では、ゼロトラストとは何か、なぜ必要なのか、どのように実現するのかについて、わかりやすく解説します。

1. ゼロトラストとは?

ゼロトラストとは、従来の「社内は安全、外部は危険」という考え方を捨て、社内外すべてのアクセスを信頼せず、常に検証することで、情報資産への不正アクセスを防ぐというセキュリティモデルです。

具体的には、以下の3つの原則に基づいています。

  • 常に検証する: すべてのアクセスを信頼せず、ユーザー、デバイス、アクセス元の信頼性を常に検証する。
  • 最小特権アクセス: ユーザーには、業務に必要な情報資産へのアクセス権限のみ付与する。
  • 継続的な監視: ネットワーク上のすべての活動を監視し、異常な挙動を検知する。

2. ゼロトラストが必要な理由

ゼロトラストが必要な理由は、以下のとおりです。

  • 従来の境界型セキュリティモデルの限界: クラウドサービスの利用やリモートワークの普及により、従来の境界型セキュリティモデルでは対応が難しくなっている。
  • 高度化するサイバー攻撃: サイバー攻撃は高度化しており、従来のセキュリティ対策では防ぎきれない。
  • 情報漏洩のリスク拡大: 情報漏洩のリスクが拡大しており、企業はより強固なセキュリティ対策が必要となっている。

3. ゼロトラストの実現方法

ゼロトラストを実現するには、以下のソリューションを組み合わせる必要があります。

  • 認証: ユーザー、デバイス、アクセス元の信頼性を検証する。
  • アクセス制御: ユーザーに、業務に必要な情報資産へのアクセス権限のみ付与する。
  • データ暗号化: 情報資産を暗号化し、不正アクセスから守る。
  • ネットワークセキュリティ: ネットワーク上のすべての活動を監視し、異常な挙動を検知する。
  • ログ管理: すべてのアクセスログを記録し、分析する。

4. ゼロトラスト導入のメリット

ゼロトラストを導入することで、以下のメリットが得られます。

  • 情報資産への不正アクセスを防ぐ: ゼロトラストにより、情報資産への不正アクセスを防ぐことが可能となる。
  • サイバー攻撃への対応力を強化する: ゼロトラストにより、サイバー攻撃への対応力を強化することが可能となる。
  • 情報漏洩のリスクを低減する: ゼロトラストにより、情報漏洩のリスクを低減することが可能となる。
  • 業務効率を向上させる: ゼロトラストにより、リモートワークなどの働き方を推進することが可能となり、業務効率を向上させることができる。

5. ゼロトラスト導入の課題

ゼロトラストを導入するには、以下の課題を克服する必要があります。

  • コスト: ゼロトラストソリューションの導入には、コストがかかる。
  • 複雑性: ゼロトラストアーキテクチャは複雑であり、導入や運用に高度な技術が必要となる。
  • 人材不足: ゼロトラストを運用するには、ゼロトラストに関する知識とスキルを持つ人材が必要となる。

6. 具体的な事例

事例1:金融機関A

金融機関Aは、ゼロトラストアーキテクチャを導入することで、情報資産への不正アクセスを大幅に削減しました。具体的には、以下のソリューションを導入しました。

  • 多要素認証: ユーザーは、パスワードに加えて、生体認証やトークン認証などの多要素認証を行う必要があります。
  • デバイス管理: 社用端末は、セキュリティポリシーに準拠していることを確認する必要があります。
  • データ暗号化: 機密情報は、暗号化して保存されます。
  • ネットワークセキュリティ: ネットワーク上のすべての活動を監視し、異常な挙動を検知します。

事例2:小売企業B

小売企業Bは、ゼロトラストアーキテクチャを導入することで、顧客情報の漏洩を防止しました。具体的には、以下のソリューションを導入しました。

  • アクセス制御: ユーザーには、業務に必要な情報資産へのアクセス権限のみ付与されます。
  • ログ管理: すべてのアクセスログを記録し、分析します。

7. 今後の展望

ゼロトラストは、今後さらに発展していくことが予想されます。

ゼロトラスト技術の進化

認証、アクセス制御、データ暗号化、ネットワークセキュリティなどのゼロトラスト技術は、今後も進化していくことが予想されます。

具体的には、以下のような技術が期待されています。

  • AIや機械学習を活用した高度な認証技術: AIや機械学習を活用することで、ユーザーの行動やデバイスの状況を分析し、より精度の高い認証を実現することが可能となります。
  • コンテキストアウェアアクセス制御: ユーザーの属性、アクセスしようとしている情報資産、アクセス元の状況などを考慮した、よりきめ細やかなアクセス制御が可能となります。
  • 自動化されたデータ暗号化: データの種類や使用状況に応じて、自動的に暗号化レベルを調整することが可能となります。
  • ゼロトラストネットワークアーキテクチャ: 従来のネットワークアーキテクチャとは異なり、すべてのアクセスを検証するゼロトラストネットワークアーキテクチャが普及していくことが予想されます。

ゼロトラストの普及状況

ゼロトラストは、欧米を中心に企業で導入が進んでいます。

日本でも、近年注目度が高まっており、大手企業を中心に導入を検討する企業が増えています。

今後、政府による支援や、ソリューションの拡充により、中小企業でも導入が進むことが予想されます。

ゼロトラスト導入を検討する際のポイント

ゼロトラスト導入を検討する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 経営層のコミットメント: ゼロトラストは、組織全体で取り組む必要があるため、経営層のコミットメントが不可欠です。
  • 適切なソリューションの選定: 自社のニーズに合ったソリューションを選択する必要があります。
  • 人材育成: ゼロトラストを運用するには、ゼロトラストに関する知識とスキルを持つ人材が必要となります。
  • 段階的な導入: いきなりすべてのシステムをゼロトラスト化することは難しいため、段階的に導入を進める必要があります。

まとめ

ゼロトラストは、従来の境界型セキュリティモデルの限界を克服し、高度化するサイバー攻撃から情報資産を守るための有効な手段です。

ゼロトラストを導入することで、情報資産への不正アクセスを防ぎ、サイバー攻撃への対応力を強化し、情報漏洩のリスクを低減することができます。

しかし、ゼロトラスト導入には、コスト、複雑性、人材不足などの課題もあります。

これらの課題を克服し、ゼロトラストを成功させるためには、経営層のコミットメント、適切なソリューションの選定、人材育成などが重要となります。

ゼロトラストは、今後ますます重要性を増していくセキュリティモデルです。